エネルギー事業

業務用太陽光発電システムのご提案

■全量買取制度により高い利回りを実現可能!!
事業として太陽光発電を導入される企業が増えています!
  1. 企業のイメージUP

    環境問題への取り組みをアピールし、積極的な社会貢献を実践することで
    企業のイメージアップに繋がります。

  2. 経済効果

    平成24年7月からスタートした全量買取制度により新たな収益を得られます。

  3. 税制優遇

    ・グリーン投資減税
    ・再生可能エネルギー発電設備に係る課税標準の特例措置(固定資産税)

  4. 税制優遇
■早期導入がお得!事業用太陽光発電システムを導入する環境が整った今がチャンスです!!

全量固定買取制度がスタート!!平成24年7月より

再生可能エネルギーで発電した電力を電力会社が固定の価格で全量買い取ることを政府が義務付ける制度です。
適用されるのは、住宅用ではなく事業用太陽光発電システムです。

買取価格に関しては基本的には年度ごとに見直しが行われますので、早めの導入が有利となります。

■環境効果
■支援制度

補助金独立型再生エネルギー発電システム等対策費補助金
再生可能エネルギー熱利用加速化支援対策費補助金

税制グリーン投資減税
再生可能エネルギー発電設備に係る課税標準の特例措置(固定資産税)

融資環境・エネルギー対策貸付
電力需給対策高度化事業

■安心

自己資金、借り入れ、リース契約。資金計画もご相談ください。貴社に最適なシステムの計画から資金計画までトータルにコンサルティングしています。

当社ならではの長期保証で末永く安心です。太陽電池モジュールの品質の高さはもちろん、施工についても高い精度で行いますので、その品質を長期にわたり保証いたします。

■導入計画から発電開始までトータルにバックアップ致します!
お気軽にお問い合わせください!

設置場所、方法は楽々!条件に合わせてシュミレーション致します。太陽光発電システムは、屋根の形状や素材、気候条件などで設置の仕方が大きく異なります。
御社に合ったシステム工法をご提案します。
ぜひ一度ご相談ください。

導入の流れ

  1. Step1 現地調査
    お問い合わせをいただいたお客様を、当社のスタッフが訪問し、導入の目的からご希望など詳しくヒアリングさせていただきます。 想定される太陽光発電システムの設置場所を案内いただき、産業用太陽光発電システムの導入に向けた詳しい現地調査を実施します。
  2. Step2 シュミレーション
    産業用太陽光発電システムを設置する場所、方位・角度や設置方法を確認し、年間の発電量や、売電可能な電力量、売電時の収益性などを詳しくシミュレートします。
  3. Step3 お見積もり
    必要となる機器の導入費用、設置にかかる施工コスト、導入後に生じるアフターメンテナンス費用などを計算し、地域ごとに異なる補助金や助成金など公的支援制度の費用負担も含めて、産業用太陽光発電システムの導入に必要な費用をお見積もりします。
  4. Step4 ご契約
    産業用太陽光発電システムの機器購入に必要な売買契約や、施工・工事についての契約などを締結します。 契約の締結とあわせて工事スケジュールを検討し、関係する所轄官庁に各種申請を行います。
  5. Step5 補助金申請
    都道府県や市町村など、補助金・助成金制度の利用を当社スタッフがお手伝いします。
  6. Step6 ご契約
    定めた工事スケジュールに則って、産業用太陽光発電システムの施工、設置工事を行います。 工事期間は通常3~4ヶ月程度です。(規模や内容によって異なります)
  7. Step7 アフターメンテナンス
    10年単位の発電保証や機器保証など手厚い保証サービスのほか、毎年の定期訪問・定期点検など導入した産業用太陽光発電システムの健康状態を定期的にチェックし、機器の損傷やシステムの障害、発電効率の低下原因を取り除き、長期にわたってお客様と産業用太陽光発電システムを見守り続けます。

導入の流れ

IEA(国際エネルギー機関)が再生エネルギーとして最も推薦しているのが地中熱ヒートポンプ方式です。

■地中熱ってなんですか?
土壌の浅い部分でとれる低温の地熱エネルギー・温度差エネルギーのことです。
■地中熱利用のメリット

地中熱ヒートポンプシステムの熱交換方法

自然エネルギー総合供給施設で地産地消のご提案をいたします。

農業と住環境がひとつになった未来の町づくりを可能にします。
地中熱エネルギーは費用対効果の高い集合住宅・大規模施設に有効です。

総合ハウステクニックの設計・施工・メンテンスをし、快適な住環境を創ります。

化石燃料から自然エネルギーへのリサイクル
例えばこのような施設を無駄のないエネルギー設計で、年間のコストをおさえることができます。
・食品加工工場 ・工場
・レストラン ・病院
・農業用保管庫 ・ホテル
・環境共生住宅 ・老人ホーム

イニシャルコストとランニングコストの比較

エネルギーコストの比較

システム 熱源 単価(円) 1メガカロリー
当り消費量
1メガカロリー
当り単価(円)
CO2排出量
(kg)
ヒートポンプ 地中熱
ヒートポンプ
8.42 円/kWh 0.35 kWh 2.95 円 0.19 kg
空冷
ヒートポンプ
11.2 円/kWh 0.42 kWh 4.7 円 0.23 kg
ボイラー 灯油 42 円/L 0.15 L 6.3 円 0.37 kg
重油 39 円/L 0.14 L 5.46 円 0.38 kg
都市ガス 116 円/Nm3 0.28 Nm3 32.48 円 0.55 kg
電気ヒーター 電気 11.2 円/kWh 1.16 kWh 12.99 円 0.64 kg

備  考
(1)都市ガスの単価は広島ガスA料金の30%割引とする 
(2)地球温暖化対策の推進に関する法律施工令によるCO2排出係数を下記に示す 

灯油 2.49 kgCO2/L 都市ガス 1.96kgCO2/Nm3
A重油 2.71 kgCO2/L 電 力 0.555 kgCO2/kWh

ラスパたかざき温水プールでは
省エネ50%・CO260%の削減効果になりました。

©2012 Ehime Bussan. All Rights Reserved.